ホーム  >  代表ご挨拶

代表者ごあいさつ

写真  ウチの会社に来店されるお客様は、ほとんどが家を探しに来る人です。ネットでいろいろな情報をたくさん見て「この物件ありますか」なんて聞いてくる人もいらっしゃいます。「2LDKで、マンションで……」なんて言ってくる人もいらっしゃいます。
残念ですが、私はそういう方は正面から対応しないように教育しています。もちろん、お客様の意向を無視しろなんて教えている訳ではありません。私が社員に伝えているのは、住まいのコンシェルジュとして真のプロフェッショナルであれということです。

 あなたは初めて行ったレストランで食事をする時、メニューを見て決めますか?私はほとんど見ません。必ず店員さんに、自分の食べたいイメージを伝えてすすめて頂くものをオーダーします。
なぜならば、その店のメニューのことは私にはさっぱり分からないからです。もちろん、写真もあれば金額も出ていますからなんとなくイメージできるんですが、毎日その料理を見て、運んで、それを食べた人の反応を見ている店員さんとは情報量が全く違います。
でもその店員さんが普段からお店の料理に興味がなくて情報がなければ、聞いても無駄になります。
そして何よりも、その店員さんが、私の要望をしっかりと聞いて、私に少しでも満足のいくメニューを考えてあげたいという気持ちがなければ、私がやっていることはいい結果にならないでしょう。
それでも私は、店員さんがその両方があることと信じて、いつもそうしています。そして聞いてよかったと思うことがほとんどです。信じてゆだねてよかったなと思うのです。

 私たちは信頼という言葉を大事にしています。信頼を守るにはエゴイズムと戦わなければなりません。エゴがまかり通れば信頼は退きます。信頼が強くなれば、当たり前にエゴは後退します。日々、自分たちの在り方を考え、自分たちに厳しく生きていないと、あっという間にこの世はエゴに占領されてしまいます。
私たちはそんな世の中を子供たちに残したくないという気持ちで一致しています。社員全員で一緒に毎日この信頼を醸成することを努力していこうと決心しています。小さな会社ですが、それほど給料が高いわけでもなく、福利厚生が充実しているわけでもありません。にもかかわらず、わが社の離職率はこの10年間以上0%です。
社員同士が信頼関係で満たされていること、そしてお客様やオーナー様にもその気持ちが良い信頼関係を持ったまま自信をもった仕事が出来ていることが、それを実現させている理由だと思っています。お互いに信頼し、信頼に足る行為を当たり前にする。そこに私たちの一番大切していることであり、毎日そうありたいと願って頑張っています。

 写真や金額だけ表示されているよくわからないメニューからお客様自身で選ぶ必要はありません。初めて行ったレストランの店員さんのつもりで私たちを信頼して聞いて下さい。
「私にとって、どんな家がいいですか?」と。
皆様にとって、住まいは人生の多くの時間を過ごす大事な場所です。毎日外で戦って疲れたら、そこに帰ってチャージする大事な場所です。
お客様にとっての大事な住まいの選択についてのベストウェイを示せなければ真のプロフェッショナルとは言えません。
そして信頼に応えるための気持ちと気概がなければ、コンシェルジュとは言えません。
ゆったりとした気持ちで私たちを信じて、お気軽にご相談ください。

 当たり前に皆様の信頼に応えて参ります。



センチュリー21ひまわり不動産
代表取締役社長  原 大蔵

公開物件数
メンバー 840件
一般 210件
売買サイト
家主様へ
お部屋探しガイド
港北ニュータウン
住まいの手引き
上手な転居チェックリスト
引越しをスムーズにするには
快適な生活のために
生活のアドバイス
「困った…」さて、どうしましょう
賢いお部屋の使い方
契約の更新・解除・退去手続き

【当店のご紹介】

センチュリー21ひまわり不動産はセンター南駅前に位置しており、港北ニュータウンの発展ともに、地域の皆様に支えられながら、成長してきました。もちろんこれからも、創立半世紀の経験を活かし、地域に密着した‘街の不動産屋’として、皆様のお役に建ちたいと思っております。賃貸、売買、税務のことや相続のことなど、何でもお気軽にご相談ください。自信と責任をもって、全力でサポートさせていただきます。


ページの上部へ